読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[動画]「囚人のジレンマ」の見事なディール

「囚人のジレンマ」を応用したイギリスのテレビ・ショー"Golden Balls"のワンシーン:

二人の参加者が、賞金を【分け合う(Split)】か【盗む(Steal)】かという選択を迫られている。ゲームには、次のおなじみのルールが適用される:

  • 二人とも【分け合う】を選べば、賞金は山分け、
  • 一人が【盗む】、もう一方が【分け合う】を選べば、【盗む】を選んだ方が賞金を独り占め、
  • 二人とも【盗む】を選べば、どちらも賞金はなし。

しかし通常の「囚人のジレンマ」とは異なり、このショーでは二人に、事前に協議をする時間が与えられる。

ニック(画面右側):「イブラヒム、俺を信用してくれ。俺は必ず【盗む】を選ぶから。」
イブラヒム(画面左側):「え?君が選ぶのは…」
ニック:「【盗む】だ。でも信用してくれ。盗んだ後で、山分けするから。」
イブラヒム「盗んだ後って、番組収録が終わった後にってことか?」
ニック:「そうだ。」

会場が沸く

ニック:「もし君も【盗む】を選んだら、二人とも何ももらえないんだ。それだけは避けたいよな。」
イブラヒム:「それは分かってる。じゃあ、二人で【分け合う】を選ぶのはどうだ?」
ニック:「だめだ。俺は分け合わない。俺は100%【盗む】だ。」
イブラヒム:「そんなこといって、本当に盗っちゃうんじゃないのか?」
ニック:「そんなことはない。絶対嘘はつかない。俺は100%【盗む】。君が【分け合う】を選べば、後で君と分け合う。」
イブラヒム:「分かんないな。なんで僕がそんなこと…」
ニック:「じゃあ、二人で【盗む】だね。それで賞金はパーだ。」
イブラヒム:「…。君の脳みそはどうなってんだ?」

ニックおどける。会場が沸く

イブラヒム:「理解できないな…」
ニック:「君の気持ちは分かる。でも俺はまっとうな男だ。ちゃんと金は分け合うから。」
イブラヒム:「それなら【分け合う】を…」
ニック:「だめだ。俺は【盗む】。」

司会者:「時間です。」

イブラヒム:「ちょ、ちょっと一言いわせてくれ。僕の父親の言葉だ。(ニックの目を正面から見ながら)“約束を守らない男は男じゃない。そんな奴には一銭の価値もない。ただの一銭もだ。”」
ニック:「俺もそう思うよ。イブラヒム、俺は【盗む】。君はどっちか選べ。」

イブラヒム:「…僕がもし…でもお前は……だめだ。僕ら全てを失うぞ。」
ニック:「そうか。じゃあ失おう。」
イブラヒム:「手ぶらで帰ることになるんだな。お前がバカだから!」
ニック:「俺はバカじゃない。」
イブラヒム:「バカだよ!大バカだ!」

司会者:「はい。一晩中議論するわけにもいきませんので。今すぐお二人とも選んでください。」

イブラヒム:「…分かったよ。ニック、お前の話に乗るよ。」

と、ここからクライマックスを迎えるわけですが、続きは動画でお楽しみください。(ここに訳したものは、動画区間2:37-5:06の会話です。)

(上の動画と同一)