読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイ・フェイバリット・ワード

myfavoriteword.com という英語のサイトがある。読者が自分の好きな言葉とその理由を投稿するシステムになっていたそうだが、残念ながら今は稼働していない。トップページさえ表示されない状態だ。ただ、静的なHTML(A.html〜Z.html)だけは生きているので、今でもかつての投稿を見ることができる。(リンク:A, B, C, D, E, F, G, H, I, J, K, L, M, N, O, P, Q, R, S, T, U, V, W, X, Y, Z

聞いたこともない、(英語を母語とする人にとってすら)珍しすぎる単語が多く、なおかつ量も少ないのでボキャブラリー強化のためにはまったく使えないが、投稿者によって添えられたパーソナルな逸話を読むのはよい暇つぶしになる。早くシステムが復旧して、質・量ともにもっと充実するといいなと思っている。素敵なドメインネームが泣いているよ。

いくつかピックアップして紹介する。


Abstruse ─ [形容詞]難解な

私の父はお金持ちでも、学があるわけでもなかった。公立高校に通っていたときの話を聞く限りは、卒業したのかどうかも定かではない。ひょっとしたら卒業しなかったのかも。それはともかく、父は言葉を愛していた。誰にも語彙を奪うことはできないから、豊富な語彙を身につけることはお金持ちになることよりも価値があるんだよと教えてくれた。父は、本ではみたこともないような詩を教えてくれたし、掛け算の覚え方をおもしろい歌とともに教えてくれたりもした。そしてなにより、私は父から、言葉を愛することを学んだ。"abstruse" は最初に教わった言葉のうちのひとつだ。口に出した時の、舌の上を滑っていくような感じもいいし、音が耳のまわりを跳ねる感じもいい。私は55年生きてきたなかで、この言葉を6回も使ってないと思うが、それでもこれは私にとってかけがえのない言葉だ。なぜなら、これは父が私の心に植えくれた種で、そこから育った花が私の人生を明るく照らしてきてくれたのだから。

KR Mullin

Amoeba ─ [名詞]アメーバ

なんといっても "amoeba" が一番好きな言葉だ。小学生のときに覚えた単語で、意味は知らなかったがきれいな言葉だなと感じていた。後に意味を知って、アメーバ自体なにも美しくないと分かったが、意味なんかおかまいなしにこの言葉を楽しむことにした。

音の響きが素晴らしいことはもちろんのこととして、私がこれを好きなのは、脈絡なくこの言葉を言って友達を驚かすのが楽しいからだ。最新のベストセラー本について語っているとき、ちょっと考えるためのポーズをおいてから、突如として「アメーバ」と注意深く発音するの。それを言うのがただ単に楽しいから。それを聞いた友達は私のことを不思議そうに見ながら、「こいつ今、脈絡なくアメーバって言った?いや、幻聴だった?」って考えるでしょ。そのうちに私は考えをまとめて再び話し始めちゃうの。

あぁ、奇妙で馬鹿げた愉しみよ。

Alexi Maxwell

Catenary ─ [名詞]懸垂線

私の好きな言葉は "catenary"。なぜって、カレがメールの終わりをこう結んでくれたの。「君の背中にキスの catenary を」って。科学的っぽいのと同時にセクシーに響くでしょ。あと、猫(cat)とカナリア(canary)をくっつけた音になってるのも楽しい。

Andrea

Cerulean ─ [形容詞]空色の

一番のお気に入りは、"cerulean"。小学生のころ読んだ本に、「cerulean blue」の瞳を持った人形がでてきた。当時私は10歳かそこらで、それがどういうことなのか全然わからなかった。私は、世界で一番綺麗な瞳を持った人形っていう風に考えた。"cerulean" という言葉は神秘的で、東洋の地からくる響きがあるように思えた。だから、これがただ単に色のことを意味すると知った時は、がっかりしてしまった。でも、今でもこの言葉を聞くと、子どものころの記憶、そして楽しかった読書の時間を思い出す。

Lauren Goodwyn

Dunderhead ─ [名詞]愚か者

私が仕事で毎日相手をしないといけない人たちを表すのにこの言葉はとても便利だ。なぜって、あのタイプの輩には、これは丁寧な言葉だと受け取られて本当の意味はたいがい伝わらないものだから。

「あなた本当に Dunderhead ですね」と笑顔で言うと、あいつらお世辞を言われたと勘違いするんだ。こっちは内心ニヤニヤしちゃってるのだ。

Marjorie Ervin

Explosion ─ [名詞]爆発

好きな言葉は "explosion"。なぜって、息子が4歳のときにこんなことがあった ── その日、仕事からくたくたになって帰ってきたら、玄関で息子がいつもの満面の笑顔とハグで迎えてくれた。「パパ、パパ。今日テレビでね、あれ見てたらね、こんなにすごい……EXPLOSION!」 最初のふたつの音節の間(exとploの間)に絶妙なタメを置いて、"ex... PLOOO-sion!"と楽しそうに叫んでいるのをみて、あぁこの子は "explosion" って言葉を言うだけですごく楽しい気持ちになれて、それは俺が今日一日で感じた楽しさを全部合わせた以上のものなんだろうと分かった。息子が元気いっぱいに言うこの言葉が俺は大好きだ。

Vic

Home ─ [名詞]家

Home。そこに居たくともそれが許されなかったことが幾度あったことか。第二次大戦中は、ロンドンの家で暮らすことはできず、学校ごと田舎に疎開させられた。

未亡人になった私は、子供を家にのこして仕事に行かなければならなかった。心配だった。

「I'm home(ただいま)」をいままで本当にたくさん言ってきた。その時々留守にした時間は、数分間、数時間、数日間、そして7年間といろいろだった。

Dorice Smith

Hoodwink ─ [動詞]だます

ティーンエイジャーの息子と会話しているときに、これは本当のことを話してくれていないなと感じたことがあった。でも、「嘘ついてるの?」とは聞きたくなかった。そんなときに思い出したのがこの言葉。自分の思い違いだったとしても場を険悪にしないユーモラスな言葉ってあるでしょう。これはそんな言葉だ。私のことを hoodwink しようとしてるんじゃないのか、と息子に質したら、息子は一瞬きょとんとしてから、そんな言葉はないよと笑い出した。私達は辞書を引き、そこにはちゃんと載っていた。この言葉は子供の頃に聞いた記憶がおぼろげながらあるが、少なくともこの30年間は使ったことも聞いたこともないと思う。で、息子はというと、私を hoodwink しようとしていたのだった。

Shona Brown

Indeed ─ [副詞]たしかに

電話で一時間は続く姉のおしゃべりに付き合うのに、この言葉さえ言っておけばなんとかなる。向こうの話しぶりに応じて、驚いた感じ/同情してる感じ/熱心に同意する感じをこの言葉のイントネーションで出しとけばオーケー。こんな便利な言葉はないよ。

Phil White

Mellifluous ─ [形容詞]滑らかな、甘美な響きのする

僕が初めてこの言葉に出会った時は、これがなにを意味するのか見当もつかなかった。高校時代に彼女からもらった手紙に書かれていたんだ。そのスペルは正しくなかったんだけど、なんとか辞書で引くことはできた。僕の声を形容するのに使われていた。(ヒュー、ヒュー!)

それからこの言葉が大好きになった。本当に稀にしか使われないところも、音が滑らかに流れるようなところもいいよね。

Marty, New Jersey

Quincunx ─ [名詞](サイコロの5の目のように配置された)5点形

子供の頃、ランダムハウスのバインダー式辞書を持っていた。背の高さが6インチもある大きなものだった。いや、実際はそんなになかったかもしれないけど、少なくとも私にはそう思えた。いつも目に入る項目が、この言葉だった。エキゾチックに見えたその言葉は、5つの点の単純な並べ方を表すものだった。何年かしてその辞書はバラバラに分解してしまい、他のものに買い換えられた。そして時間とともに quincunx については忘れてしまった。

夫に出会ったとき、彼の本棚に "Quincunx" という名前の本があるのに気がついた。夫を好きになった理由はいろいろあるけど、この "Quincunx" に運命みたいなものを感じたことも大きかった。

ところで、私はまだその本を読んでいない。魔法が解けてしまいそうな気がして。

Denise D. Simon